No snowbreak

いやな話ね

ステラ  いやな話ね。 アマノ  さうか知ら……。 ステラ  それに……(何か云はうとして急に口を噤む) アマノ  あなたは、人間の情熱といふやうなものを、わりに、甘く見ておいでのやうですね。 ステラ  わりに……ですか。 アマノ  さうでせう。 ステラ  あなたこそ、日本の方らしくないのね。 アマノ  どうしたと云ふんです。 ステラ  いいえ、何んでもないの……。 もつと、日本の話を聞かして下さらない。 アマノ  (笑つて答へない) ステラ  ちつとも、お国の話をなさらないのね、あなたは。 アマノ  あなたは……? ステラ  長崎つて、佳いとこでせう。 アマノ  そんなことを聞いて、どうなさるんです。 ステラ  どうもしないけれど……。 アマノ  それより、あなたは、ほんたうは何処の方です。 ステラ  さつき、なんておつしやつて? アマノ  僕がなぜ、それを知りたがるかつていふと、あなたは、ことさらに隠しておいでになるからです。 僕はあなたが、墺太利人であるよりも、伊太利人であることを望んでやしませんよ。 ステラ  知つてますわ。(間) それはどうだか、わかるもんですか。 ぢや、あてて御覧なさい。 アマノ  あてますから、一度、あなたの御眼を拝見……(起ち上つて、ストーブのそばに行く) ステラ  どうぞ……いくらでも……。 アマノ  ヴエールをどけて……。 ステラ  いけません、それは……。 アマノ  それ御覧なさい……。 あなたも、そんなことが、お好きなんですね。看護 受験 家庭教師 個別指導

Vytvořenou službou WEP.sk - Vlastní blog z vlastního PC. Mapa stránok