No snowbreak

ここよ、ルナアト……


ここよ、ルナアト……。 どうしたの。 え、伯父さん? 町へ行つたの……。 まだいいのよ。 あら…… ぢや、どこで……? 今すぐ? ぢき行くから待つてて。(窓を閉める) ステラ  ここへ連れていらつしやいよ、一度……。 エリザ  (そわ/\しながら、アマノに)ゆつくり召上つていいわ。 アマノ  ゆつくり……? 不思議だなあ……。 ぢや、食ふものは、みんな、ここへ出しといて…… 勝手に食ふから……。 エリザ  (次の皿と珈琲を運び)ほんとにいいこと……? アマノ  伯父さんに云ひつけようかな。 エリザ  さうしたら、逃げ出すばかりだわ、あたし……(くるりと廻る) ステラ  さうさう……。 早く行つておあげなさい。 ぢれつたがつてるわ、あなたの少尉さん……剣をがちやがちや云はせて……。 エリザ  (もぢ/\して)たまにはいいのよ。 ステラ  おや……今頃から。 エリザ  (髪に手をあてながら、戸口に近づき)伯父さんが帰つて来たら、もう寝てるつて云つて頂戴ね。 アマノ  何処で……? エリザ  (走り去りながら)いやな方。 アマノ  此の夏、或る独逸の士官に聞いたんですがね…… 戦争中、仏蘭西の田舎を占領してゐた先生たちの中隊が、いよいよ引上げるつていふ日、村ぢうの若い娘たちが、道ばたで、声を立てて泣いたつて云ひますからね。超常現象・世界のミステリー セントラルリサーチセンター

Vytvořenou službou WEP.sk - Vlastní blog z vlastního PC. Mapa stránok